気づきと過去のトラウマ、そして共存

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、MAKです。

今日は看護学生の臨床指導をしました。今まで私は臨床指導を担当したことがなく、初めての経験となりました。

20歳の学生さん二人を受け持たせて頂き、どことなく初々しさを感じ、とても新鮮な気分を味あわせて頂きました。

 

ふと思った事。朝、学生さんが本日の目標の発表と行動計画を聞いたときと、最後の合同カンファレンス(他病棟での実習生が全て集まって行う、振り返り)の時に感じた事。

ワードとしては「問題行動」「妄想言動にとらわれないように現実的なコミュニケーションを」的な意味合いの言葉だったのかなと思います。

学生6人、臨床指導者は自分も含めて4人、最後まで話を聞かせて頂き、「指導を宜しくお願いします」、と学生から求められて、一番最後に発言。

コメント「妄想言動があるのも患者様」「現実的な関わりができるのも患者様」「どちらも同じ患者様」「問題と捉えるか個性ととらえるか」とお伝えさせて頂きました。近隣のクリニックへの営業がある為に途中退室。最後どうなったかなと思いつつ。

学生が悪いわけでもなく、一般的にはそういった形で捉えられるんだろうなと、何だかセクシャルマイノリティにも似ている概念だなと思いました。 「マイノリティを個性と捉える。」 私にとっては普通にそう思いたい。

社会はどう見ているかは、見る人によって様々。

 

過去のトラウマなんですが、今日はSST(社会技能訓練)の中で、認知行動療法をはじめてさせていただいたんですが、認知や物の捉え方、「自動思考」について、過去の出来事が影響している可能性がある。

それが普通だと思っている概念として、実は間違っている場合もある。自分で答えは自由に選べたはずなのに、第三者、先生や偉い人、目上の人の影響を大きく受ける場合がある。権威ある者からの指摘や指導で、何か腑に落ちなくても従って、傷つく経験はしたことはないですか。と説いてしまう。

 

今振り返ってみると、何でこんな説明をしたのかと思っています。

 

ファシリテーターや人前で話す時は、やはり自分の経験で話をするんだなと言う気づき。

かつてのトラウマ。それが影響したんだなと言う事。

私には「看護教育に対しての不信感」「看護師に対する不信感」がありるのではないか?

 

皆さんにはトラウマってありますか?

少し私のトラウマについてお話させてください。

一般社会人を経験後、准看護学校へ入学。准看護師取得後、高等看護科へ進学。その時の事です。准看護学校では比較的成績が良く、熱く看護師になる事に夢を傾けてました。看護師になって、出来れば管理職なども目指したいと言うのが当時の私の夢でした。県立の看護学校に進学する事が目標となり、学費が安い分いくらかレベルも高い、そこに価値を見出し、そして合格する事が出来ました。

 

その学校で皆色々な准看護師学校から比較的出来が良い学生が集められているものですから、成績があがらず、まあそれでも卒業出来ればいいと思っていたのですが、成績不良、勉強不足、そう言った理由から留年。留年して頑張ったのですが、結局進級できず退学をする事になりました。ここまで話すと、私が努力不足で、駄目学生だったので進学出来なかった。仕方あるまいと思われるかと思います。

ただ、私なりにも言い分があります。学校に入学した時に、女性の先生から「だいたい男子は女生徒に比べて技術が低いのよ」、必死になり勉強にも実習にも食らいついたのですが、駄目だしばかり。「あなたは周りから煙たがれているんじゃないの」主任の先生からは「うちの学校には学力・技術が低い者はいらん!」「よその学校に行きなさい!」と言われたり。結局私も駄目出しばかりで、自信の喪失と空回りが始まり散々。一度リセットをしようと思い退学をしました。それがトラウマとなりました。

今となっては、私にも至らない所がきっとあったのかと思います。既に過去の出来事なのでもう何ともないと思っておりました。

しかしながら、今日この不自然な説明、もしかしたら誘導しているのではないかと言う気づき。そして私の思い込み。

退学した私は、准看護師ではありましたが、適当に働いたら看護職を辞める事ばかり考えるようになり、しばらくうつ状態となりました。その頃新橋のゲイバーでアルバイトしたり、ゲイの世界で生きて行こうと考えたりしましたが、結局うつ状態から脱却する為には、けじめとしてもう一度学校に行こう、そして資格を取得したら看護師を辞めようと考えていました。

今、看護師として働いているのは、最初は「他に出来る仕事ないし」と言う思いだけだったんですが、いつの間にか普通に働き、夢を語るようになっておりました。

その時の事は、とっくに消化していたと思い込んでいた、過去のトラウマ、いまだに健在していて、実はくすぶっていたとは、気が付いて良かったし、気が付く事で自分が気を付ければ良いのだとわかりました。

ただいけないとかではないと思うんです。過去は消せないし、大事な自分の1ページ。そう言った苦い経験が、今となってはほろ苦い経験かな。トラウマも大事な自分の一つ

ただその出来事を経験し、トラウマがありったとしても、「自分の考えに引っ張る事はしない」を注意する。今日一日振り返ってそう思うんです。

そして今、教育者を目指している自分がここにいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です