認知行動療法その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、MAKです。

皆さま寒い中いかがお過ごしですか。各地で大雪が見られたりと冷え込みは一層厳しくなりましたね。

DepartuReでは大きな引っ越しは終わり、細かい買い物をし、オフィス作りに奮闘しております。

このブログをご覧の皆様に、お会いできる日を楽しみにしている次第でございます。

 

メンタルについて、疾患について、治療やその地域との関わりなど、私のブログで紹介しております。そちらのリンクを通してご紹介できたらと思いましてあげさせていただきました。

認知行動療法とは中々薬で治らない「うつ病に効く」またはその他の精神疾患にも、そして社会生活にも応用が利くと言う便利な考え方であり療法の一つです。

私が心理学を勉強するようになったきっかけの療法は、まさにこの認知行動療法でした。精神科医療では比較的流行っている療法です。看護師は心理職ほどは心理の専門家ではないのですが、看護師の外部研修でも多く扱われており、精神科医療現場、病棟では認知行動療法を用いて、ケアにあたる看護師もかなり存在しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です